就労支援と対象者

なごみでは、就労移行支援と就労継続支援A型の2つの事業を行っています。


なごみ対象利用者

 身体障がい者・知的障がい者・
精神障がい者・難病等



就労移行支援

就労移行支援とは

企業で働きたい方を対象に、働くために必要な知識・能力を身につけられる場所です。

それぞれの障がいに配慮しながら学ぶことができます

就職を希望する障がいをお持ちの方であって、企業に雇用されることが可能と見込まれる下記の対象者に対し、生産活動、職場体験その他の活動の機会の提供、その他の就職に必要な知識及び能力の向上の為に必要な訓練、求職活動に関する支援、その適正に応じた職場の開拓、就職後における職場への定着の為に必要な相談、その他の必要な支援を行います。

 

対象者

障がいをお持ちの方で、単独で就職する事が困難である為、就職に必要な知識及び技術の習得もしくは就職先の紹介、その他の支援が必要な65歳未満の方(利用開始時)


就労継続支援A型

就労継続支援A型とは

現時点で企業で働くことが不安だったり困難である方に対し、働く場所を提供します。

お給料をもらいながら能力を活かして働けます

障がいにより企業で働くことが困難な方であって、雇用契約に基づき、継続的に就業が可能な65歳未満(利用開始時)の下記の対象者に対し、生産活動、その他の活動の機会の提供、その他の就職に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練・支援を行います。

 

対象者

企業等に就労が困難な者であって、雇用契約に基づき、継続的に就労

することが可能な65歳未満の者(利用開始時65歳未満の者)。具体的には次のような例があげられます。

就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった者

特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった者